このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
■品川行き
2015/03/15
2015.3.14ダイヤ改正で上野東京ラインが開業し、常磐線も一部の列車が品川まで直通運転されるようになりました。

私が物心付いてから今日までのウン十年間、金町駅を豪快に(?)通過していく上り快速線の旅客列車は、上野行しかあり得ませんでしたが(注1)、一部とはいえ「品川行」という列車が登場したことは、結構なカルチャーショックです。

また上野駅での常磐線は、10〜12番線など「行き止まりになっている線路」を使用するのが基本でしたから、東京方面にも線路が繋がっているホームに発着すると「おぉ」と思ってしまいそうです(注2)。

(注1) 単発の多客臨では新宿や鎌倉行(いずれも田端操〜山貨経由)、スキー臨で石打だか小出行だかも時刻表で見た記憶がありますし、行き先自在の団体列車など、その辺の細かいツッコミは禁止

(注2) 中電では9番線もありましたし、臨時列車だと7〜8番線あたりも使われました (⇒ 8番線に到着したエキスポライナー)

ところで今回の常磐線に限らず、「品川行」という行き先そのものに、何か特別なものを感じてしまうのは私だけでしょうか。

東海道線の上り列車で品川行なんてのが来ると、さほど実害はなくとも「穴を当ててしまった」感がありますし、よもや山手線に於ける品川行などは、品川に用がない人にとっては外れクジ以外の何者でもありません。

横須賀線で品川行が走ろうものなら、それは輸送障害が発生している証拠です。そういえば横須賀線と直通運転を開始する直前の総武快速で、品川行が運転されていたのも暫定的なものでした。

日常的に存在する行き先なのに、何故か非日常感を感じてしまう「品川行」。上野東京ラインの開業で、少しは非日常感から脱することが出来るでしょうか。


2015/03/16 オロハネ
■2015/03/15 品川行き
2014/03/08 SL本番

デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿