このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
C51:C5144
1921-06:汽車製造大阪 NO.501 新製 18900形 NO.18943 配属 名古屋局 配置 不明 使用開始(6/20)
1928-10-01(月)称号規程改正による形式変更及び改番 C5144 ('28/5/17付 達380号の施行)
1929-12:現在 高崎庫
1931-01-31(土)現在 高崎庫
1932-08-19(金)時刻不明、区間不明、走行中に主蒸気管切断する事故発生
1936-09-01(火)高崎庫→高崎区(職制変更)
1941-03-31(月)現在 高崎区
1945-02-01(木)高崎区→高崎第一区(機関区分割による名称変更)
1945-11-12(月)高崎第一区→大館区 達25号(達は'46/1/22付け)
1947-08-12(火)天皇陛下戦災復興視察東北(6県)方面巡幸お召し列車牽引 大館ー秋田間
1949-07-01(金)現在 大館区
1949-11-01(火)現在 特別休車 大館区 
1949-12:この頃 大館区→新庄区 特別休車継続中 正確な時期不明
1950-04-07(金)特別休車指定解除 新庄区→千葉区 達324号(達は7/1付け) 第一種休車指定(ただし、東京局の'50/5/1現在の配置表上には移動欄に大館区からの転入と記載あり 印刷ミス?)
1950-07:第一種休車指定解除 千葉区→尾久区(某資料には'50/4/7付けで尾久区に移動とあるが誤り)
1951-02-12(月)借入 成田区 返却日 不明
1951-03-01(木)現在 尾久区
1953-07-14(火)借入 千葉区
1953-08-27(木)返却 尾久区
1954-10:この頃 第一種休車指定 尾久区 正確な時期不明
1955-03-23(水)尾久区→酒田区 達249号 第一種休車継続中の可能性あり
1955-08-01(月)現在 第一種休車 酒田区
1955-09-01(木)廃車(酒田区) 達488号(達は9/7付け 付記に工作局が9/1に遡って適用とある)
1955-12:土崎工場 教習用教材車として内部を観察できるように左側面を大きく切開し展示
1962-10-07(日)東北鉄道博覧会にて展示(〜10/10)
2011-10:現在 JR東日本秋田総合車両センター(旧 土崎工場)に露天で切開姿のまま保存継続中 教習用に全体にカットされており(特にボイラー煙室周りがむきだし)露天のため劣化が激しく保存状態は悪い 工場見学日以外は至近距離でのアプローチ不可

1ページ中 1ページ目を表示(合計26件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿