このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
C11:C11322
1946-03-12(火)日本車輌名古屋 NO.1404 新製 配属 東京局 配置 高崎第二区渋川支区(着 3/22)(保存展示説明板の新製配置先:高崎第一区というのは間違い)(本支区の開設時期は不明だが、1945/1/2付けの長野原線渋川-長野原間開業以降と思われる)
1949-01-01(土)高崎第二区渋川支区→高崎第一区渋川支区(本区変更)
1951-02-13(火)借入 横浜区浜川崎支区 返却せず
1951-03-01(木)高崎第一区渋川支区→横浜区浜川崎支区
1951-10-01(月)現在 横浜区
1952-10-01(水)現在 横浜区
1953-04-01(水)現在 八王子区武蔵五日市支区
1957-11-01(金)現在 八王子区武蔵五日市支区
1960-06:この頃 新東宝「地獄」のロケで五日市線秋川付近を貨レの牽引機として走行するシーンを撮影
1961-12:八王子区武蔵五日市支区→大宮工場 五日市線無煙化による
1965-03-31(水)現在 大宮工場(某資料には’63/4/1現在 八王子区武蔵五日市支区とあるが誤り)
1969-06:廃車(大宮工場)
1969-11-01(土)高崎鉄道管理局長と鴻巣市長との間で無償貸与契約締結
1970-01-29(木)東裏1号公園にて保存
2000-08-28(月)修復工事を経て文化センター(旧市民会館)裏手のせせらぎ公園に移設保存
2013-05:現在 文化センター裏手のせせらぎ公園に露天・柵付きで定期的な整備をうけつつ保存継続中 煙突と前照灯の間に工場入換機特有の警鐘付き 前回の整備から5年ほどで塗装が退色し錆びが浮き始めていたが、再整備により持ち直した 保存状態は良いが、露天のため再び劣化することは避けられない 後照灯欠損とパイプ類の赤色塗装が残念 

1ページ中 1ページ目を表示(合計16件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿