このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
C11:C11171
1940-07-19(金)川崎車輌兵庫NO.2333 新製 配属 名古屋局 配置 稲沢区 
1940-07-28(日)使用開始 稲沢区
1941-10-25(土)稲沢区→名古屋区
1942-02-14(土)名古屋区→深川区朱鞠内支区(wikiにはこの日付で深川区に移動してから'44/4/19付けで深川区朱鞠内支区に移動とあるが誤り)
1947-09-01(月)現在 深川区朱鞠内支区
1947-12-01(月)現在 苗穂区
1949-03-09(水)苗穂区→釧路区標茶支区
1953-08-15(土)釧路区標茶支区→函館区木古内支区
1956-09-08(土)函館区木古内支区→長万部区
1962-04-01(日)現在 長万部区
1968-03-31(日)現在 長万部区
1974-03-31(日)同日現在 配置 長万部
1974-07-16(火)長万部区→釧路区
1975-03-31(月)同日現在 配置 釧路
1975-06-25(水)廃車(釧路区) 釧路区最終在籍SLの1輌
1975-08-13(水)標茶町桜町児童公園にて保存(賃貸契約の詳細不明)
1998-11-27(金)JR北海道での動態保存(営業運転)に備えた復旧工事のため苗穂工場入り
1999-04-21(水)苗穂工場での復旧工事完了 車籍復活 配置 旭川運転所
1999-04-22(木)試運転実施 その後 同年5月からSLすずらん号(深川-留萠間)の営業運転開始
2000-01-08(土)冬季限定で釧網本線(釧路-標茶・川湯温泉間)にてSL冬の湿原号の営業運転開始
2000-10-07(土)主に9月〜11月にかけて函館本線(小樽-蘭越間)にてSLニセコ号の営業運転開始
2001-04-28(土)主にGW期間及び夏休み期間限定で函館本線(函館-森間)にてSL函館大沼号の営業運転開始
2004-01-19(月)苗穂工場 全検 試運転
2006-09-10(日)SLすずらん号運転終了
2014-09:この頃 新型ATS搭載が困難として、北海道新幹線開業準備を優先しSL函館大沼号・SLはこだてクリスマスファンタジー号・SLニセコ号の運行を当年度で終了する方針を公表
2015-01:現在 SL冬の湿原号(PC5輌)の牽引機として1/17以降の週末を中心に3月までの予定で釧路-川湯温泉 or 標茶間を1往復(9380レ or 9382レ・9381レ or 9383レ)

1ページ中 1ページ目を表示(合計26件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿