このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
9600:49697
1921-10-27(木)川崎造船所兵庫NO.696 新製 配属 札幌局 配置 不明 使用開始
1924-05-31(土)現在 小樽庫(本庫は1903/6/28付け北海道鉄道蘭島-小樽中央間の延伸開業に伴い小樽中央庫として開設し、1905/12/15付けの駅名改称により中央小樽庫に改称、1907/7/1付けの国有化に併せて官設鉄道に移管継承を経て、1920/7/15付けの駅名再改称で小樽庫に復称)
1927-03-31(木)現在 渚滑庫
1931-10:渚滑庫→野付牛庫
1932-04:第一種休車指定 野付牛庫
1932-05:第一種休車指定解除 野付牛庫
1932-07:野付牛庫→旭川庫
1936-09-01(火)旭川庫→旭川区(職制変更)
1937-11-12(金)旭川区→鷹取工場(着 11/16) 標準軌改軌改造・試運転後分解梱包し貨車発送 時期不明 その後 神戸港から中国向け船積み(大連または呉淞港へ) 時期不明 現地では華北鉄道または華中鉄道にて使用
1937-12:この頃 供出除籍(旭川区) 正確な時期不明
1945-08:中国軍により接収 その後 中国国鉄が使用 詳細不明

1ページ中 1ページ目を表示(合計11件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿