このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
9600:29611
1918-12-26(木)汽車製造大阪 NO.315  新製 配属 九州局 配置 鳥栖庫(本庫は1906/11/6付けで九州鉄道の久留米庫の機能を移管する機関庫として開設し、1907/7/1付けの同鉄道の国有化により官設鉄道に移管承継)
1919-01-17(金)使用開始 庫名不明(九州局管内) 
1924-11:鳥栖庫→直方庫
1931-01-31(土)現在 直方庫
1936-09-01(火)直方庫→直方区(職制変更)
1942-03-31(火)現在 直方区
1947-04-01(火)現在 直方区
1952-04-01(火)現在 直方区
1957-11-01(金)現在 直方区
1962-04-01(日)現在 直方区
1967-03-31(金)現在 直方区
1968-03-31(日)現在 後藤寺区 デフなし(製造当初よりデフ未取付けの可能性あり) パイプ煙突化済 前照灯シールドビーム化済
1972-03-06(月)小倉工場 全検
1974-02-25(月)廃車(後藤寺区) 走行距離 2,259,497km (某資料には'74/3/16付け第一種休車指定とあるが、廃車後に休車になるわけがなく明らかな誤り)
1974-02-28(木)門司鉄道管理局長と佐賀県大町町長との間で無償貸与契約締結
1974-04:現在 大町町児童公園(大町駅横の空き地)にて保存
1997-04:この頃 児童公園一帯が区画整理により大町駅前おおまち情報プラザの敷地に変貌 引続き同じ場所で保存
2015-11:現在 おおまち情報プラザに屋根つきで保存継続中 稚拙なレプリカ赤ナンプレ 10年以上整備が放棄されており、前照灯・後照灯はじめガラス類・計器類はほぼ全て欠損、それ以外もあらゆる箇所で盗難・欠損・損壊・脱落・ちりほこりの山積などが大量に発生しほぼ鉄くず状態 保存状態はワースト10に入る 立派な屋根のつくりだけが保存開始当時のよすがを偲ばせる プラレール以下のナンプレが哀れ

1ページ中 1ページ目を表示(合計18件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿