このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
9200:9240
1905-11-17(金)Baldwin NO.26894 新製 飽和式1Dテンダー機 陸軍野戦鉄道堤理部(陸軍省) NO.843
1906-09:官鉄(鉄道作業局)に車籍移管 F2形 NO.843 この頃 大陸に送る(満州で使用)
1909-10-01(金)鉄道院車両形式称号規程により改形・改番 → 9200形 NO.9240 配属 不明 配置 不明
1911-12:この頃 大陸から国内に帰投 正確な時期不明 配属 北海道局 配置 追分庫(着 12/18)(本庫は1892/8/1付けの北海道炭礦鉄道岩見沢-室蘭間の開業に併せて開設し、1906/10/1付けの国有化に併せて官設鉄道に移管継承)
1913-04-01(火)現在 函館庫(本庫は1902/12/10付けで北海道鉄道の函館(その後の亀田)-本郷(その後の渡島大野 現 新函館北斗)開業に併せて開設し、1904/7/1付けで函館駅(2代目)開設により亀田庫に改称するも、1906/3/1付けで函館庫に復称し、1907/7/1付けの国有化に併せて官設鉄道に移管継承 その後 1908/6/27に車庫が焼失するが、1913/6/2付けで再設し1915/11/10付けで函館市若松の函館駅構内に移設、1929/10/15付けで海岸町(駅北方)へ再移設)
1917-05-17(木)函館庫→新得庫(本庫は1907/9/8の官設鉄道の十勝線落合-帯広間延伸及び新得駅開業に併せて開設 その後 1910頃に、落合庫新得駐泊所に格下げとなり、1917/4/16に再び新得庫に昇格(wikiにはいったん廃止後に復活とあるが?))
1917-11-01(木)新得庫→池田庫
1918:この頃? 借入 浜釧路庫 正確な時期不明 返却日 不明
1921-09-30(金)現在 浜釧路庫
1922-01-04(水)浜釧路庫→名寄庫(本庫は北海道官設鉄道の名寄庫として1903/9/3付けで開設し、1905/4/1付けで官設鉄道に移管継承)
1922-11-01(水)現在 稚内庫鬼志別分庫(北海道(旭川?)建設事務所問寒別支所に貸渡?)(本分庫は1922/11/1の宗谷本線(但し、当時はその後の天北線経由)鬼志別-稚内延伸=全通に併せて開設、本庫である稚内庫も同時に開設)
1923-01-31(水)現在 稚内庫
1925-07-11(土)借入 北海道(旭川?)建設事務所問寒別支所 返却日 不明 その後 小樽庫(小樽築港庫?)に移動 時期不明
1931-01-31(土)現在 小樽築港庫手宮分庫 入換専用機
1931-09:小樽築港手宮分庫→小樽築港庫 一時休車(第一種休車相当)指定
1932-01-31(日)現在 一時休車(第一種休車相当)継続中 小樽築港庫
1932-03-31(木)現在 小樽築港庫 入換専用機
1933-03:第一種休車指定 小樽築港庫
1933-04:小樽築港庫→岩見沢庫 第一種休車継続中
1934-01:第一種休車指定解除 岩見沢庫 入換専用機
1936-09-01(火)岩見沢庫→岩見沢区(職制変更) 入換専用機
1941-03-31(月)現在 岩見沢区 入換専用機
1945-08-31(金)現在 岩見沢区 入換専用機
1949-03-01(火)現在 岩見沢区 入換専用機
1949-08-01(月)現在 第一種休車中廃車予定(第二種休車相当) 岩見沢区
1949-09-16(金)廃車(岩見沢区) 鉄作工59号(同年6/1付け日本国有鉄道発足により番号リセット)(某資料には'50/1/31付けとあるが誤り)

1ページ中 1ページ目を表示(合計26件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿