このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
9200:9233
1905-11-04(土)Baldwin NO.26785 新製 飽和式1Dテンダー機 陸軍野戦鉄道堤理部(陸軍省) NO.833
1906-09:官鉄(鉄道作業局)に車籍移管 F2形 NO.833 この頃 大陸に送る(満州で使用)
1909-10-01(金)鉄道院車両形式称号規程により改形・改番 → 9200形 NO.9233 配属 北海道局(大陸から国内に帰投 着 10/25) 配置 不明
1912-03-01(金)現在 室蘭庫(本庫は1897/7/1付けの北海道炭礦鉄道輪西-室蘭延伸に併せて追分庫の分庫として開設(但し、施設自体の完成は翌年)し、1906/10/1付けの国有化に併せて官設鉄道に移管時に室蘭庫として継承) 
1913-04-01(火)現在 室蘭庫
1917-06-01(金)現在 追分庫
1921-09-30(金)現在 池田庫
1923-01:現在 小樽庫(本庫は1903/6/28付け北海道鉄道蘭島-小樽中央間の延伸開業に伴い小樽中央庫として開設し、1905/12/15付けの駅名改称により中央小樽庫に改称、1907/7/1付けの国有化に併せて官設鉄道に移管継承を経て、1920/7/15付けの駅名再改称で小樽庫に復称)
1924-05-31(土)現在 渚滑庫(本庫は1921/10/5付けの官設鉄道名寄線全通に併せて名寄庫の駐泊所として開設し、1923/11/5付けで本庫に昇格するも、1932/10/1付けで遠軽庫の分庫に格下げ)
1927-01-29(土)廃車(庫名不明(札幌局管内)) 達68号
1927-10-12(水)譲渡認可 美唄鉄道 NO.9233(某資料には三菱鉱業美唄鉄道とあるが、この時点ではまだ三菱鉱業傘下ではなく(むしろ三菱鉱業の専用線部分を買収)誤り)
1929-06-06(木)借入 大夕張炭鑛専用鉄道(後の三菱鉱業大夕張鉄道) 
1937-04-01(木)この頃 美唄駅構内にて撮られた写真が「国鉄蒸気機関車小史」に掲載あり
1938-06-10(金)返却 美唄鉄道
1949-10-03(月)譲渡 釧路埠頭倉庫 NO.9233
1950-03-16(木)設計認可交付 釧路埠頭倉庫
1951-07-01(日)雄別炭礦鉄道に鉄道部門が移管 NO.9224 根室本線新富士から伸びる埠頭線の専用機
1964-11-07(土)廃車(雄別炭礦鉄道)('58/5/31?)

1ページ中 1ページ目を表示(合計18件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿