このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
5700:5746
1901-01:Schenectady NO.5774 新製 飽和式2Bテンダー機 北海道炭礦鉄道 L(ヌ)形  NO.56 配属 不明 配置 不明
1906-10-01(月)鉄道国有法により官設鉄道が買収 官鉄 D10形 NO.55 配属 札幌出張所 配置 不明
1909-10-01(金)鉄道院車両形式称号規程により改形・改番 → 5700形 NO.5746 配属 北海道局 配置 不明
1912-03-01(金)現在 室蘭庫(本庫は1897/7/1付けの北海道炭礦鉄道輪西-室蘭延伸に併せて追分庫の分庫として開設(但し、施設自体の完成は翌年)し、1906/10/1付けの国有化に併せて官設鉄道に移管時に室蘭庫として継承) 
1912-03-01(金)現在 岩見沢庫(本庫は1882/11/13付けの官営幌内鉄道幌内-札幌間開業に併せて開設、開設時点では停車場はなかった模様、その後 1888/4/1付けの北洋社による委任運営を経て、1889/12/11付けで北海道炭礦鉄道への譲渡、1906/10/1付けの国有化に併せて移管継承、なお、wikiには1891/7/5付け開設とあるが誤り)
1917-06-01(金)現在 岩見沢庫
1924-03-23(日)07:48頃、根室本線落石-西和田間に生じた吹溜り除雪のため(根釧地方では前々日から降り続く積雪が2m近くとなり吹溜りも頻発し各所で列車障害をおこしていた)、救援イ単行重連(本機+5746)の次位補機として排雪作業を開始し、難渋するも工手・人足などの応援を受けつつなんとか西和田11:02着
1924-05-31(土)現在 浜釧路庫厚岸駐泊所(本駐泊所は1917/12/1付けの釧路-浜厚岸間延伸開業に併せて開設、1921/8/5付けで分庫に昇格、1925/6/20付けで駐泊所に降格、1929/11/14付けで再度分庫に昇格、1930/6/1付けで再度駐泊所に降格)
1927-03-31(木)現在 札幌庫
1931-01-31(土)現在 黒松内庫 運転用以外使用(洗缶用)車
1932-03-07(月)廃車(黒松内庫) 作車計7-19号

1ページ中 1ページ目を表示(合計11件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿