このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
5500:5540
1897:Beyer Peacock 製番3911 納入 日本鉄道175
1897-11:Beyer Peacock NO.3911 新製 飽和式2Bテンダー機(通称ピーテン) 日本鉄道 Pbt2/4形 NO.175
1906-05-31(木)同日現在 配置 盛岡
1906-05-31(木)現在 日本鉄道 盛岡庫(本庫は1891/8/1付けで開設し、1906/11/1付けの国有化により官設鉄道に移管継承)
1906-11-01(木)買収 国鉄175
1906-11-01(木)鉄道国有法により官設鉄道が買収 官鉄(D6形)NO.175 配属 上野運輸事務所(1908年職制変更→東部局) 配置 不明
1909-10-01(金)改番 5540 東部局配属
1909-10-01(金)鉄道院車両形式称号規程により改形・改番 → 5500形 NO.5540 配属 東部局 配置 不明
1923-06-30(土)同日現在 配置 新津運輸事務所管内
1923-06-30(土)現在 庫名不明(仙台局新津運輸事務所管内)
1931-01-31(土)現在 白山庫(本庫は1912/8/25付けの越後鉄道白山-吉田間開業に併せて開設し、1927/10/1付けの同鉄道国有化により移管承継と思われる なお、当時の白山駅は現在とは別の場所)
1933-06-30(金)同日現在 配置 白山
1934-11:白山庫→大館庫 花輪線大館口で使用
1936-09-01(火)大館庫→大館区(職制変更)
1938-04-30(土)現在 第一種休車(配置表上に修繕期限超過の記載あり) 大館区
1938-12:第一種休車指定解除(修繕完了と思われる) 大館区 
1939-10-26(木)大館区→新鶴見区(着 翌月初め) 入換専用機
1940-10:新鶴見区→高島区 入換専用機
1944-03-31(金)現在 高島区 入換専用機
1945-05-02(水)横浜空襲で車歴簿ほか関係書類焼失。車歴簿更新。
1945-06-05(火)6ヶ月検査のため高島機関区から新鶴見機関区へ回送。11日返却。以降1948年12月まで6ヶ月検査はこのパターン。 本機車歴簿から
1947-10:同月現在 配置 高島
1947-10-14(火)高島区→横浜区(名称変更) 入換専用機
1950-05:横浜区→横川区(6/1?) 入換専用機(某資料には'51/5/31現在 横川区軽井沢支区とあるが誤り 同支区には5543と5545が暖房装置付で入換専用機として在籍しており、本機は暖房装置がないため暖房車代用機能がないことから借入の可能性すら非常に少ない)
1951-05-31(木)同日現在 配置 横川機関区軽井沢支区 その後西吉田に移動
1952-12-24(水)高崎鉄道管理局横川機関区から新潟鉄道管理局白山機関区西吉田支区に発送。12月27日配置換え。本機車歴簿から
1952-12-25(木)横川区→白山区西吉田支区 達51号(達は'53/1/28付け) 
1953-03-20(金)白山区西吉田支区→西吉田区(組織変更により白山区廃止と共に同西吉田支区が本区に昇格) 運転用以外使用(据付ボイラー代用)車
1953-07:西吉田区→札幌工事事務所(某資料には'53/9頃に五稜郭区に移動とあるが誤り)
1953-07-12(日)新潟鉄道管理局白山機関区西吉田支区から青函鉄道管理局函館機関区木古内支区に発送。7月13日配置換え。本機車歴簿から

2ページ中 1ページ目を表示(合計37件)    1 | 2    [次のページ]  デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿