このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
2500:2617
1905-08:Baldwin NO.26237 新製 飽和式C1タンク機 陸軍野戦部隊堤理部 NO.1151
1906-09:官鉄に車籍移管 鉄道作業局 B6形 第7種 NO.1151 配属 不明 配置 不明
1909-10-01(金)鉄道院車両形式称号規程により改形・改番 → 2500形 NO.2617 配属 不明 配置 不明
1912-03-01(金)現在 追分庫(本庫は1892/8/1付けの北海道炭礦鉄道岩見沢-室蘭間の開業に併せて開設し、1906/10/1付けの国有化に併せて官設鉄道に移管継承)
1917-06-01(金)現在 追分庫
1924-05-31(土)現在 旭川庫深川分庫(本分庫は1917/6/1付けで開設し、1932/9/1付けで深川庫に昇格)(鉄道ファン’86年機関車配置表の機関区開設年月日は1898/7/16付けとあるが、北海道官設鉄道空知太-旭川開業時に中間地点の深川に機関庫開設は疑問あり)
1927-03-31(木)現在 旭川庫深川分庫
1931-01-31(土)現在 旭川庫深川分庫
1931-08:一時休車(第一種休車相当)指定 旭川庫深川分庫(実機は旭川庫深川分庫増毛駐泊所にて留置)
1931-10:旭川庫深川分庫→室蘭庫(実機は輪西工場にて留置) 一時休車(第一種休車相当)継続中
1932-01-31(日)現在 一時休車(第一種休車相当)継続中 室蘭庫(実機は輪西工場にて留置)
1932-03-31(木)現在 永久休車(その後の第二種休車と同義)継続中 室蘭庫(実機は輪西工場にて留置)
1933-03-31(金)現在 第二種休車継続中 室蘭庫(実機は輪西工場にて留置)
1934-03-31(土)現在 第二種休車継続中 室蘭庫(実機は輪西工場にて留置)
1935-03-30(土)廃車(室蘭庫) 作車計29号
1935-12:松尾鉱業鉄道に譲渡(入線) 花輪線大更から屋敷台(のち、東八幡平)に伸びる同線にて使用
1936-03-05(木)松尾鉱業鉄道に譲渡認可 NO.5 
1948-03-03(水)改番 NO.5→NO.2505
1951-11-07(水)廃車(松尾鉱業鉄道) 事由:電化(8/10付け)

1ページ中 1ページ目を表示(合計19件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿