このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
2500:2613
1905-08:Baldwin NO.26207 新製 飽和式C1タンク機 陸軍野戦部隊堤理部 NO.1147
1906-09:官鉄に車籍移管 鉄道作業局 B6形 第7種 NO.1147 配属 不明 配置 不明
1909-10-01(金)鉄道院車両形式称号規程により改形・改番 → 2500形 NO.2613 配属 不明 配置 不明
1912-03-01(金)現在 岩見沢庫(本庫は1882/11/13付けの官営幌内鉄道幌内-札幌間開業に併せて開設、開設時点では停車場はなかった模様、その後 1888/4/1付けの北洋社による委任運営を経て、1889/12/11付けで北海道炭礦鉄道への譲渡、1906/10/1付けの国有化に併せて移管継承、なお、wikiには1891/7/5付け開設とあるが誤り)
1913-04-01(火)現在 手宮庫(本庫は1881/12に官営幌内鉄道手宮工場構内に機関室として開設し、1885/12に機関庫上屋を竣工、1889/12/11付けの北海道炭礦鉄道の買収を経て1906/10/1付けの同鉄道国有化により官設鉄道に移管承継)
1917-06-01(金)現在 追分庫
1924-05-31(土)現在 追分庫
1926-11-09(火)夕張鉄道に譲渡認可(某資料によるが、'27/11/9付けの可能性あり) NO.6 室蘭本線栗山から新夕張(後の夕張本町)に伸びる夕張鉄道本線にて使用
1927-01-24(月)廃車(追分庫) 達46号(譲渡認可がおりてから廃車というのは通常の手続きとは異例)
1927-02-12(土)鉄道事業法に基づく竣工届提出(2/9?) 夕張鉄道
1963-03-30(土)休車指定 夕張鉄道
1964-05-06(水)廃車(夕張鉄道) 事由:老朽化及び9600形増備による余剰 翌月に解体

1ページ中 1ページ目を表示(合計12件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿