このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
2400:2431
1905:Henschel NO.7037 新製 飽和式C1タンク機 陸軍野戦鉄道提理部 NO.429(日露戦争での北鮮南満方面兵站用)
1906-09:官鉄に車籍移管 鉄道作業局 B6形 第6種 NO.429 配属 不明 配置 不明 
1907-04-01(月)南満州鉄道に移管 NO.429 標準軌への改軌工事含め現地での平時輸送に従事
1908-10:この頃 大陸から国内に帰投 庫名不明 正確な時期不明
1909-10-01(金)鉄道院車両形式称号規程により改形・改番 → 2400形 NO.2431 配属 不明 配置 不明
1911-10:現在 庫名不明(中部局管内)
1913-05:現在 庫名不明(中部局管内)(但し、この年の5/5付けで中部局は東京局に吸収される)
1931-01-31(土)現在 松本庫信濃大町分庫(本分庫の開設時期は不明だが、1929/9/25付けの大糸南線信濃大町-簗場間開業に併せて開設の可能性が高い ただし、この時期信濃大町以南は私鉄の信濃鉄道が運営しており、松本庫とはいったんこの信濃鉄道経由でなければ到達不能もしくは直江津-長野経由で到達せざるをえない変則的な本庫・分庫関係であった その後、信濃鉄道は1937/6/1付けで国有化され大糸線の一部となる)
1933-03:松本庫信濃大町分庫→松本庫 入換専用機
1936-09-01(火)松本庫→松本区(職制変更) 入換専用機
1938-02-04(金)松本区→上諏訪区 入換専用機 達51号(達は2/4付け)
1944-03-31(金)現在 上諏訪区 入換専用機
1949-01-01(土)現在 上諏訪区 入換専用機
1949-06-01(水)現在 上諏訪区塩尻支区 入換専用機
1950-08-01(火)上諏訪区塩尻支区→松本区塩尻支区(本区変更、長野局発足による) 入換専用機
1955-02:この頃 松本区塩尻支区→松本区 入換専用機 正確な時期不明
1955-06-10(金)松本区→稲沢第一区 達343号 同日付で岐阜工事事務所に貸渡 返却せず
1955-07-20(水)稲沢第一区→岐阜工事事務所
1956-09-10(月)廃車(施設局(岐阜工事事務所)) 達628号(達は9/28付け 付記に工事局が9/10に遡って適用とある)

1ページ中 1ページ目を表示(合計19件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿