このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
機関車データベース
230:250
1907-05:汽車製造大阪 NO.40  新製 飽和式1B1タンク機 官鉄 A10形 NO.912 配属 不明 配置 不明
1909-10-01(金)鉄道院車両形式称号規程により改形・改番 → 230形 NO.250 配属 不明 配置 不明
1922-04-03(月)17:53頃、山陰本線嵯峨-亀岡間を園部発京都行き混110レ(本機+ト25123+ト18612+ト18652+カ5749+ワ50509+クム34355+ホト6075+ワフ31196+ヨ4428+ハ4992+ハ4990+ロ459+ハ4986+ハ4985+ハフ28576)の牽引機として走行中に保津川橋梁手前カーブで5輌目以下の貨車5輌と客車6両が脱線し橋梁上でトラスにぶつかるなどして大破、一部車輌は川に転落する事故発生 死亡2・負傷者43
1923-03-31(土)現在 大阪庫
1925-08-01(土)大阪庫→吹田庫大阪分庫(吹田庫開設により格下げ 本分庫が本庫であった当時の開設は不明だが、1874/5/11付けの官設鉄道大阪ー神戸間開業時には既に何らかの形で開設していたと思われる)
1930-08-31(日)現在 吹田庫大阪分庫(本分庫は1925/8に吹田庫開設により本庫から吹田庫の分庫に格下げ 本分庫が本庫であった当時の開設は不明だが、1874/5/11付けの官設鉄道大阪ー神戸間開業時には既に何らかの形で開設していたと思われる)
1931-06:一時休車(第一種休車相当)指定 吹田庫大阪分庫
1933-09-01(金)吹田庫大阪分庫→宮原庫大阪分庫(吹田庫の分庫から新設の宮原庫の分庫に管轄変更 wikiには宮原庫の開設が'34/9/1とあるが誤り) 第一種休車継続中
1933-10:宮原庫大阪分庫→吹田庫 第一種休車継続中 
1934-03-31(土)現在 第一種休車継続中 吹田庫
1934-12-13(木)廃車(吹田庫) 
1935-04:譲渡 浅野セメント香春工場 NO.250 日田彦山線香春から伸びる同社専用線にて使用('34/12?)
1947-05:社名変更 日本セメント香春工場(某資料には’42年改称及び、その後 明治鉱業香春工場に改称とあるがいずれも誤り) 
1956-10:この頃 明治鉱業平山鉱業所に譲渡 NO.250 正確な時期不明 上山田線臼井から伸びる同社専用線にて使用 
1961-10:この頃 廃車(明治鉱業) 正確な時期不明

1ページ中 1ページ目を表示(合計15件)    デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿