このページは携帯用に最適化されています。
パソコン用のページはこちら
■西村京太郎
2019/07/24

鉄道トラベルミステリーの推理小説作家としておなじみの西村京太郎氏。

こちらにデータを追記していたら、氏と私は同じ誕生日であることが判明しました (年は違います)。

だから何だといわれても困りますけど、将来の天皇誕生日(候補)でもある。

以下余談。

先日、土曜午後にTVのザッピングをしていたら、山村紅葉があっちとこっちに同時に出演していました。

よく見ると片や西村京太郎、片や山村美紗。まぁそういうことになる罠。

-------------------------
5ch 13:00-
西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官13
「殺意の豪華SL密室パーティー〜殺人者は犯行予定の列車に乗り遅れた…!?上り線下り線のダイヤトリック」沢口靖子ほか▽鉄道捜査官・立花が非番の日、事件に巻き込まれ…

8ch 13:30-
土曜ワイド・山村美紗サスペンス赤い霊柩車16疑惑の嫉妬殺人
「夫の浮気をめぐる謎の連続毒殺琵琶湖に浮く死体が語る因縁スキャンダル」片平なぎさ 神田正輝 山村紅葉 若林豪 大村崑 沢田亜矢子 栗田よう子 小沢和義(他)
-------------------------

5ch 西村京太郎の方を見ていたところ、“鉄”の端くれとして気になったのは・・・

舞台はSLもおかの下り列車、にもかかわらず益子駅に到着する駅撮りのシーンに上り列車の絵を使っていました。

単純に島式2線とか相対式2線なら、進行方向に対するホームの位置関係は上下列車とも同じですが、益子駅は1面1線なので、下りと上りでは明らかに“絵の向き”が違うわけです。

ふだん、ドラマはドラマとして、重箱の隅をつつくようなことはせず楽しむようにしているのですが、「今乗ってたの上り列車だっけ?」とストーリーが混乱してしまいました。

鉄道に興味のない視聴者なら、まったく意にも介さないような細かいことを言うから“鉄”は嫌われるんですよね。


■2019/07/24 西村京太郎
2019/07/04 武豊線の怪奇現象

デゴイチよく走る!
DB 鹿 宿